ブログ

アールフレグランスとは

アールフレグランスは日本の豊かさと癒しを香りで表現するブランドです。

アールフレグランス(R fragrance)の“R”は、

「RIN(凛)」
「RICH(贅沢で豊かな香り)」
「RARE(希少性の高い他にはない香り)」

のそれぞれの頭文字を取ったものです。

日本の気候や風土・文化に合わせて
日本国内で
日本人の繊細な感覚で作られたこの香りは
湿気の多い日本の気候の中でも
まとった方を魅力的に見せることができる

アールフレグランスはそんな考え方から生まれたブランドです。
調香や製造・充填などを日本で行っているのもそのような理由からです。

アールフレグランスの考える日本の豊かさとは
伝統文化や彩りあふれる動植物に加えて
日本に生きる人々の精神性の高さや繊細な感覚・哲学などを含んでいます。
たとえば禅の精神や出汁など、世界的な注目を浴びているものに代表される
素晴らしいものがあると考えています。

香りをまとって目を閉じると
たとえば、日本ならではの禅の精神や、寺院の中に茶室がある風景など
日本の優雅な日常のシーンやストーリー・風景を
嗅ぐだけでイメージさせるような香りもアールフレグランスの香りの特徴です。

香料をアルコールに溶かした香水の文化は海外から伝わったものですが、
日本にも古くは室町時代ごろから「香道」に代表される香りの文化があります。

「香道」――
香りがお好きな方はご存知でいらっしゃることも多いのですが、
海外の博物館でも動画が作られたりスペースを取って紹介されることがある
素晴らしいこの日本文化のことをご存知ない日本の方々も多い現状があります。

室町時代よりさらに遡って平安時代には
空間や衣類などに香りを焚きしめて使用していました。
どこからともなく漂ってきた香りが誰の香りなのか、
香りだけで個人を特定できることもあったそうです。

私たちの先祖がこうして取り入れてきた香りの文化的な感覚は
代々遺伝子に刻まれ、日本人は今でもこれを引き継いでいます。
アールフレグランスが、この素晴らしい文化を香りを通じて知る
些細なきっかけにもなればと考えています。

そして、とても大事にしていること。
それは「圧倒的に良い香りであること」。

香水の本質は香りです。

もちろん、香りの嗜好は人それぞれです。
アールフレグランスの中でも、これは好み、これは違う、などあると思います。

香りの品質にこだわること。

私たちが考える「本物の香り」とは、
嗅ぐことで癒しや潤いを取り戻し
豊かな心になることができるものです。

商業的にはもっと数があった方が良いのかもしれません。
実は、香りの製作後、多くの香りをふるいにかけます。
専門教育を受け、経験を積んだ香りのプロである調香師が、
本当に納得したものだけを製品として世に送り出しています。

香りは相手に自分を伝えるもの。
また、香りは、まとっている本人がいつも一番近くに感じるもの。

香りはたった1プッシュで瞬間的に
気分や印象まで変えられる

ほっとした気持ちになったり
明るい気分になったり

香りが届く相手はもちろん
まとったご本人の心や感情に響く

その時に必要な香りで
その方の心にそっと寄り添う
そんな香りやブランドでありたい

すれ違った時に良い香りがする
ふとした時に奥ゆかしく香る
香りで忘れられない人になる

アールフレグランスが考えるジャパニーズエレガンスの形です。

これからもアールフレグランスはこのようなジャパニーズエレガンスを体現して参ります。

日本発、真のラグジュアリー香水であるアールフレグランス。

どうぞこれからも香りを楽しんでいただけますように。

2018.11.29
R fragranceクリエイター
村井 千尋

 

TOP