本物の香りを通して、
日本の誇りを
世界に発信していく

RIN(凛)、RICH、RAREの頭文字を取り、
ジャパンメイドにこだわる
<アールフレグランス>。

日本の豊かさと癒しを香りで表現する
フレグランスブランドです。

調香師・村井千尋が創る数々の作品は、
文化や哲学・シーンなど、
日本ならではの高い精神性や
繊細さを表現した、本物の香りを追求。

まるで日本の優雅な
日常の1シーンを切り取ったような
「本物の香り体験」をお届け致します。

同時に、ブランドを通して、
後世へ日本文化を
継承・再生していくことも
ミッションとしています。

01 BLACK OUD

黒沈香

沈香を使用する茶道の精神は、「侘び」「寂び」を生み出した禅宗の考え方に基づく。BLACK OUDの香りは、禅宗寺院である龍安寺(京都)の石庭と蹲踞(つくばい)に刻まれた「吾唯知足」というメッセージからインスピレーションを受けて創られた。水墨画の流れるような濃淡が織りなす透明感と、伽羅の優雅で厳かな佇まいが解け合った、日本ならではの美しさや心、哲学を表現している。

商品購入ページへ

02 NOBLE ORCHID

春蘭

春蘭とは、日本各地の渓谷などに自生する和蘭の一種である。葉が多く、花も小さいが、その香りは慎ましくも上品で繊細、清らかで、はかなさすら感じさせる。渓谷にひっそりと咲く清楚な蘭と川の蒼、山間の美しいグリーンの調和を香りで表現した。人の手が加えられていない自然の渓谷は、太古から存在する自然が時を重ねて作り上げ、構築されて出来たもの。手が加えられていない山や川の美しい景観に想いを馳せて・・・

商品購入ページへ

03 TEA BREAK

紅茶

京都は東山に、明治の煙草王が私財を投じて築いた、ロココ調の“長楽館”という迎賓館がある。古都に存在しながらも、あたかもヨーロッパの宮廷のような優雅で華やかな雰囲気を持つ。かの鹿鳴館を凌ぐとも称され、かつての文豪や政治家に愛された場所は、専用のお部屋で頂く英国式のアフタヌーンティーが有名。砂糖がたっぷり入ったアールグレイを堪能しながら、優雅で贅沢なひと時を・・・

商品購入ページへ
調香師/クリエイター
村井千尋Chihiro Murai

青春時代を神戸と京都で過ごし、現在、東京在住。
幼少時より、匂い玉やコロンなどに興味を持ち、香りに触れて育つ。中学3年生のクリスマスに初めての香水デビュー。香りの持つ力や影響を肌身で感じる。
調香師を目指して上京し、香りの原料や調香技術の専門教育を受けた後、企業で調香師として勤務。2014年に独立。2017年1月に(株)R fragranceを設立、代表取締役に就任。同じく2017年3月、初の香水ブランド“R fragrance”を発表。
学生時代から思想や哲学、心理学等を学び、見えないものを読み解き、形作ることに興味を持ち、人間の内なる感情を表現することに没頭してきた。それが現在の香りを創ることにも繋がっている。

MADE IN JAPANへのこだわり

調香、製造、充填に至るまで、日本で丁寧に創られています。